家作りの第一歩はココから!

2階建て住宅

現在の日本の住宅において、最も普及している住居のタイプが2階建て住宅になります。しかしこれらの2階建て住宅は、昭和の時代に建てられたものも多く、古い木造家屋が多いのも実情なのではないでしょうか。

 

近年の地震災害において、木造2階建て住宅の倒壊の例は数多くあり、耐震構造上、あまり好ましくないという認識も生まれてきてしまいました。よってこれから木造2階建て住宅は、建物としての寿命を終え、新たなタイプへと切り替わってくる流れに飲まれてしまう可能性は少なくないことでしょう。

 

もちろん一戸建て住宅において、2階建ては依然として主流なのは間違いなく、鉄筋造に移行したり、耐震対策が施されていくなど、構造が改善されていくのではないでしょうか。

 

日本の一般家庭が所有する土地の広さを考えると、平屋にするには狭すぎるという傾向があります。また、来客があった場合に、他の家族のプライバシーが確保できないなど、狭い平屋には問題が生じてしまいます。

 

近年流行りの3階建て住宅の場合、高齢者には不向きであったり、家族間の交流に欠けるという欠点も出てきてしまいます。その点、従来の2階建て住宅は、ちょうど中間をいく、一般家庭に最適な住宅の形であるのかもしれません。

 

2階建て住宅の場合、1階にリビング・キッチンなどの家族が集まる空間とお客をもてなす応接間、2階部分が各々のプライベートの部屋や寝室などと利用目的を明確にされているのが普通で、使いやすい構造となっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市