家作りの第一歩はココから!

1階建て住宅(平屋)

日本の昔の家屋は、1階建て住宅である平屋が主流となっていました。平屋の最大のメリットは、階段を必要とすることなく、平面を移動できるので、足腰の弱い高齢者などにとっては移動が楽という点があります。

 

元々日本によく見られる平屋の住宅は、木造のものが多く、床と天井、屋根と壁で構成された単純な仕組みとなっていました。畳の入った和室が多いのも特徴で、広い応接間である座敷がある家が多いのではないでしょうか。また、家屋の前には広い庭園がある家が多く、小さい子供にも目が届いたり、建物と庭が調和された一体感が生まれます。

 

生活の上ではメリットとなる部分も多く、多くの人の憧れの平屋の一戸建てですが、土地の価格が高騰している近年では、次第に数が減ってきているのも事実です。特に都市部ではあまり見かけなくなってきました。基本的に平屋の住宅の場合、敷地面積が広い家が多くなりますが、近年では主婦でも働きに出る機会が増え、家の掃除や片付けなどに手が届かないことが多く、敬遠される傾向もあるようです。

 

しかし依然として田舎部では平屋の人気が高く、リゾート地などに別荘として平屋を建てるというプランも人気のようです。

 

生活と密着する平屋ですが、今後は家庭菜園が再び普及したり、2世代で住むような昔ながらの生活に逆行する動きもあるので、再び平屋の利点が見直されている時代も来るのではないでしょうか。もちろん高齢化の流れも、平屋の見直しの大きなきっかけとなることでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市