家作りの第一歩はココから!

建築基準法

建築基準法は、建物の敷地や構造、設備や用途などにおいて、最低基準を定めた法律となります。

 

もちろん住宅を建てる上では、この建築基準法を元に建てる必要が出てきます。もちろん詳細は、住宅の建築を依頼する住宅メーカーや工務店、設計事務所などがクリアにした上で提案してくれるので、施主がそれほど詳しく知らなくてもあまり問題はないでしょうが、やはり基本の知識だけは抑えておいた方が良いでしょう。

 

家を建てる場合に、庭は必要ないから敷地内にいっぱい建てればいいと思っている方もいるかもしれません。しかし、建築ができる住宅の面積は、建蔽率と容積率により、どのくらいの面積の家を建てていいか制限されています。これは隣の家との空間や、住宅環境を保護するために決められたものです。

 

また、住宅には高さの制限もあります。建物の高さは、隣接した建物や道路の日当たりなどに影響してくる要因のため、制限が決められています。例えば、4階建て住宅を建てようと思っても、建てられない土地だったという可能性がありますので、事前に注意が必要です。

 

木造住宅の場合、2階建て住宅に比べて3階建て住宅は、構造上にも様々な制限が設けられていることも覚えておきましょう。

 

土地を購入する際には、そこに希望する建物が建てられるかどうかは事前に調べておくべきです。ここは専門家に依頼して、間違えのないように確認してから土地を購入することも住まい作りの上では大切なポイントとなってきます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市