家作りの第一歩はココから!

家相で選ぶ

近年は、財布などの小物に始まり、財産に関係のある物を購入する場合は、方位を元に吉凶を判断し、購入する方も増えてきております。住居の移転の際などにも方位を参考にするケースが多く、住まいづくりの場合も例外ではありません。家の位置を決めるのに、方位を基準とすることを、家相と言われています。

 

家相の良し悪しの基本は、家の中心から見た八方位を元に考えます。まず、陽が当たらない北東と、西日が強い南西は、鬼門・裏鬼門と呼ばれる災いを呼ぶ方位とされています。東南と中央、西北を並べた線を福線といい、方位的に良いとされています。

 

家族の十二支も家相の上では重要な要素となってきます。家族内の役割・立場において、家族定位を元に、各々の部屋の位置を決めたりもします。

 

このように家の中心から方位線を引くことにより、部屋の位置を決めたり吉凶を判断したりします。特に玄関・トイレ・キッチン三箇所は家相の中では重要視されます。例えば、トイレ・キッチンを鬼門の位置に置けば、腐敗もしやすく、健康上よくないとされていたりします。

 

家相を深く学べば、物の置き場所や、整理整頓の仕方まで学べるので、大変に参考になります。もちろん、全ての条件を家相のままに当てはめていくことは極めて困難であり、どうしても無理が生じてしまいますが、ある程度のポイントをおさえたり、参考にして考えていくことは大切かもしれません。

 

家相を意識することは、家を大切にしたり、綺麗にしていく事にもつながってくるので、知っていると良い知識となるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市