家作りの第一歩はココから!

地震・耐震対策

2011年の東日本大震災においては、断続的に何度も地震が続くなど、多くの人が地震の被害や恐怖を体験することとなってしまいました。また古い木造住宅は倒壊しやすいなど、どのような建物が地震に強く、どのような建物は呆気なく壊れてしまうのかという事が、多くの実例から実証されてしまう形ともなってしまいました。

 

そこで、住宅の購入や改築などにおいて、地震を前提においた耐震対策が、住宅における最重要ポイントという見方をされるように大きく変化してきました。

 

地震対策の第一歩は、地盤調査から始まります。地盤が悪いと判明したら、改良をしないと、簡単に倒壊する原因となってしまいます。場合によっては地盤改良が必要となるでしょう。従来の建物は、地盤に関係なく同じような基礎を用いて作られているケースが多いため、基礎や土台がしっかりしていない場合は、根本的に改築する必要が出てくるかもしれません。

 

一般的に木造家屋は地震に弱いという認識がありますが、正確には一概にそうとも言えません。要は古くに建てられた木造家屋は、地盤をしっかり調べないで建てられていたり、基礎や土台がしっかりしていない傾向性が強いというのが正しいでしょう。

 

もちろん鉄筋コンクリート造や鉄骨造は耐震に強いというメリットはありますが、逆に地盤がしっかりしていないと、重い家をしっかりと支えることができない事になります。建物の構造には、メリット・デメリットがあるので、要はしっかりとした耐震対策と、デメリット面の補強対策がされているかどうかが重要となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市