家作りの第一歩はココから!

バリアフリーで高齢者対策

近年の日本では高齢化社会が進み、以前の日本の一般的家庭のように、常に嫁が高齢者の親の面倒を見るようなことが困難となってきました。そこで、足腰の弱い高齢者でも快適に生活ができるような、いわゆるバリアフリー化が必要となってきています。

 

バリアフリーとは、住宅内に段差や階段などがなくなるよう、高齢者が安心して動けるような床や、手すりの配置が工夫された造りのことをいいます。もちろん、車椅子での生活も念頭に入れて、ゆったりとしたスロープや、時としてリフトの配置なども施されています。

 

高齢になると足腰が衰えてきます。歩くのが不自由になったり、骨の強度にも問題が出てきます。ちょっとした転倒で骨を折ってしまうような事故も起こしかねません。よって、歩行しやすいように段差をなくしたり、手すりを設置するのはもちろんのこと、トイレや浴室なども使いやすいように工夫しなくてはなりません。また、防犯などのセキュリティ対策もしっかり施す必要があります。

 

便所は膝を曲げないで済むように、洋式を利用します。暖房便座やウォッシュレットも備え付けます。また浴室は、滑りにくいタイルや石を利用したり、手すりの設置も不可欠となります。寝室もベッドを基本とするため、フローリングが向いているでしょう。また、延長コードなども極力避け、ライトのオンオフもリモコンで行えるようにします。

 

バリアフリーの部屋は、1階部分が好ましいので、このために増改築する必要が出てくるかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市