家作りの第一歩はココから!

住宅内の空間の利用

3階建て住宅に初めて入った人は、さわやかな空気感を感じることと思います。従来の2階建て住宅の場合、あくまで1階スペースと2階スペースを階段で結んでいるだけの設計が多いのに対し、3階建て住宅の場合は、光と空気の通り道をうまく計算されて設計されている場合が多いからです。

 

空間は、床の面積よりも、天井の高さで広く感じる傾向にあります。この人間の心理を利用して、1階部分から3階の天井までが一望できるような、いわゆる吹き抜けの空間が設計された住宅が多いからに他ありません。

 

3階建て住宅に入ると、3階の屋根から暖かな光がこもれるかのように注がれています。また、すがすがしい空気も取り入れられ、心地良い空気の流れが実感できることでしょう。

 

これらは、吹き抜けを使った換気と、トップライトやハイサイドライトからの採光が大きく関係しています。おしゃれで洋風な3階建て住宅も多く、空間を自由に活用できることから、様々な工夫がされた個性豊かな生活空間が広がっているのではないでしょうか?

 

例をとれば、都市部においては住宅が密集しているなど、サイドから光を取り入れることができないケースもよくあるようです。このような場合、建物の内部に中庭を設けて、建物中央の上部から採光をするなどの工夫をすることにより、各部屋に明かりを確保することも可能です。

 

ただし3階建て住宅の場合、給水設備やインターホン設備、時としてエレベーター設備なども考慮に入れる必要はあります。コストはかかりますが、快適空間のための設計は必要となるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市