家作りの第一歩はココから!

各階の利用方法

3階建て住宅は、各階の使用目的を分離して、有効に活用することが可能です。

 

一般的に1階部分は、お客さまを接客する場所として、応接室やリビングとして使う場合が多いようです。キッチンなども1階に設置する場合が多く、家族の共有空間として利用することが多くなるでしょう。

 

また、高齢者は階段を使わない1階に住むケースも多く、2世帯住宅の場合には、親世帯が1階に住むケースが多くなります。

 

また都市部の土地の高い地域においては、駐車場スペースを確保することさえ困難な場合も多いので、1階部分を駐車場として利用するケースも多いようです。

 

特殊な利用方法としては、1階は店舗や事務所などの仕事スペースとして利用したり、もしくは貸し店舗として不動産収入の元にすることもあるでしょう。

 

2階は日照や風通しも良いことから、使い勝手が非常によい空間になります。家庭を管理する夫婦の空間になったり、リビングやキッチンを2階に設置してここを家族のくつろぎの場として利用するのも良いでしょう。

 

3階部分は、階段の上り下りが出てくる為、高齢者の居住用には向きません。子供専用の部屋にしたり、中には書籍や趣味の部屋として、楽しめるスペースにする場合も多いのではないでしょうか。

 

このように3階建て住宅の場合、基本的には部屋数が多くとれるようになります。目的を明確に分けて、有効に使える半面、用途をはっきりさせておかないと、無駄な空間も生んでしまうため、設計の段階で家族のニーズに合わせておくことが大切かもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市